変形性膝関節症を鍼灸で軽減できる?【今日のお題 keiトレーナルーム】

お問い合わせはこちら

変形性膝関節症を鍼灸で軽減できる?【今日のお題 keiトレーナルーム】

変形性膝関節症を鍼灸で軽減できる?【今日のお題 keiトレーナルーム】

2021/07/28

No38 変形性膝関節症は鍼灸で軽減できる??

今日は7月28日、あと少しで7月も終わりです…

なんとなくですが、夏は過ぎ去るのが早いと思います(^^;

オリンピックが連日TVで放送されていますが、皆様は観ていますか?

私は観れる競技は観ています。

平日はなかなかリアルタイムで観れませんが、試合結果はチェックしています。

東京は緊急事態宣言が出ていますが…政府は本当になにを考えているのでしょう(*_*)

 

 

さて今日のお題「変形性膝関節症は鍼灸で軽減できるのか?」ですが、そもそも皆様は「変形性膝関節症」をご存じでしょうか?

中高年の膝が痛い…はほとんどが「変形性膝関節症」です(>_<)

男女比は圧倒的に女性の方が多いです。

その理由は後から書きます♪

 

原因は簡単に書くと

膝の中にある軟骨が加齢・筋力低下によってすり減ってしまい、関節が狭くなり、その結果骨同士が擦れて、炎症が起きる

です。

これはどうしたら分かるのか?

病院に行き、レントゲンを撮ればすぐに分かります。

レントゲンでは軟骨は写りませんが、関節が狭くなっているかどうかは分かります。

 

ではどうしたら治るのか?

はっきり言うと…

 

 

 

 

治りません(*_*)

少し語弊があるかもしれませんが、変形してしまったものは「元にはもどりません」

ということです。

変形する前なら、まだ手の打ちようがあります!!

 

先ほどの原因の説明で

「加齢・筋力低下が…」

と書きました。

つまり、加齢は仕方がないにしても「筋力低下」が原因なら「筋力アップ」をすればいいのです。

これを「リハビリ」と言います。

 

当たりまえですよね( ̄▽ ̄)

しかーーーーし、これがなかなか実行できる人は少ないのが現状です。

なぜなら「マッサージや鍼やお灸」でなんとかするのではなく、ご自身で運動してもらう必要があるからです(^^ゞ

 

この運動=リハビリがなかなか続かないんですよ(>_<)

そんなにキツイメニューではありませんが、「しんどい」ことには変わりありませんから…(*_*)

 

そこを理解しないで、マッサージや電気などで「治す」ことはできません(>_<)

 

しかし、「痛みの軽減」なら可能です。

それは施術でいくらでもできます。

これはご自身がどう思うか?

によって変わってきますが、

「原因からちゃんと治したい」

「しんどいことはイヤなので、とりあえず痛みが軽減されたらいい」

これはどちらも正解だと思っています。

 

自分の膝の状態をしったうえで、どう判断するか?

です。

これをするためには「正確な症状の見極め」が必須になります。

 

私のところにお越しになられる方はほとんどの方が「病院の検査」が終わっていますから…

 

それできちんと話し、「どちらを選ぶか?」をお客様がすればいいと思っています。

治したいのか?

治らなくても痛みを軽減できたらいいのか?

 

どっちも正解です(^^)

 

ちなみに男女比で女性のほうが圧倒的に多い理由は

・女性のほうが男性に比べて元々の筋肉量が少ない→筋力低下が早い

・そもそも骨格が男女で違うので、膝に対する負担は女性のほうが大きい

・女性は正座をすることが多く、膝関節に負担をかけている

です( ̄▽ ̄)

 

 

気が付けばこんなに書いていましたね(^^;

症状別のネタだったのに…

最後に少しだけ書いておきます

70代女性 Kさん 現在は事務で働いていらっしゃいます。

数か月前からリハビリを少ししていましたが、やはり痛いので運動するのが億劫になる…

ということで治療に切り替えました♪

 

上記したように全てを話したうえで、最後は自分自身で決めてもらいます(^^ゞ

 

暑い日々が続きますが、しっかり睡眠をとり、食事をしっかり食べて、夏を乗り切りましょう(*^^)v

ではまた次回のブログでお会いしましょう(^^)

keiトレーナルーム 活心はりきゅう堂 長谷川敬祐

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。