五十肩を鍼灸で改善(^^)【今日のお題 keiトレーナルーム】

お問い合わせはこちら

五十肩を鍼灸で改善(^^)【今日のお題 keiトレーナルーム】

五十肩を鍼灸で改善(^^)【今日のお題 keiトレーナルーム】

2021/07/20

No36 五十肩を鍼灸で改善(^^)

さぁいよいよやってきましたね♪

「真夏」です( ̄▽ ̄)

私が待ち望んだ季節になりました(^^)

多くの方は「嫌い」「苦手」でしょうが、私は大歓迎なので昨日の昼休憩に時間に「散歩」に行ってきました♪

写真と撮るのを忘れたので、次に行ったときに写真を撮ってブログに書きたいと思います(^^)v

めちゃくちゃ汗をかきますが、気持ちいですよ♪

さて今日のお題「五十肩を鍼灸で改善」ですが、どうですか?

ご経験はありますか?

もしくは身近な方になられた方はいらっしゃいますか?

五十肩…もしくは四十肩…

いろいろな呼び方があります。

正式名称は「肩関節周囲炎」といいます。

読んで字のごとく「肩関節の周囲の炎症」です。

年齢的に「40~50代の方に多く発症する」ので俗称?通称?でよく呼ばれます。

「野球肩」「テニス肘」のようなのもです(^^ゞ

これらはまた書いていきますね♪

 

60代男性 Yさん サラリーマン退職後にパート?のような感じで働いていらっしゃいます。

Yさんは五十肩だけの症状ではありませんが、写真を撮ったのが五十肩の治療だったので、それを書かせてもらいます。

まず五十肩の原因ですが、教科書的には「不明」となっています。

そして面白いことに痛くなってから個人差はありますが、「1年~1年半」くらいで自然治癒することもあります♪

原因不明となっていますが、「肩にある腱が老化もあり、弱くなり、負担がかかり炎症を起こしている」と考えています。

そして五十肩になるには段階があります。

 

初期段階

・腕がなんとなく挙げ辛い

・肩周辺に違和感を感じる

・たまに痛いときがある

 

中期段階

・腕を挙げることはできるが痛い

・夜間痛(夜だけ痛い・寝返りなどが痛い)

・結帯動作ができない(帯を結ぶように手を後ろに回すこと、女性ならブラジャーをつけるような動作)

・結髪動作ができない(髪を結うように手を頭の後ろに回せない。後頭部に手を回せない)

 

最終段階

・腕が挙がらない(90度以上挙げることができない)

・腕を挙げようとすると、挙がらず、肩がすくんでしまう

・痛いほうの肩を下にして寝ることができない

 

…とこんな感じです。

これは教科書的なやつなので、全て当てはまる人もいれば、そうでない人もいます。

そして原因不明なので「痛くなったきっかけ」がありません!

きっかけがあれば別の症状を考えます。

 

まずは可動域が狭くなっているので、そこをゆっくりと出していきます。

写真では鍼灸をしていますが、これは固まっている筋肉にアプローチしています。

 

Yさんは初期段階だったので、数回の治療で痛みは無くなりました。

どんなケガや病気でもそうですが、「早期発見・早期治療」が早く治すコツです。

 

 

今週はオリンピックの影響で4連休という方も多いでしょう♪

猛暑予想ですが、熱中症にお気をつけくださいm(__)m

 

水分補給・塩分補給も大切ですが、なにより大切なのは

「睡眠時間」

です!!

睡眠不足で炎天下の中にいると、一気に熱中症になる危険が高まります(>_<)

熱帯夜ですが、エアコンなどを上手く使ってしっかりと睡眠をとりましょう♪

 

では次回のブログでお会いしましょう(^^)

keiトレーナルーム 活心はりきゅう堂 長谷川敬祐

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。