足関節のリハビリ【今日のお題 keiトレーナー】

お問い合わせはこちら

足関節のリハビリ【今日のお題 keiトレーナー】

足関節のリハビリ【今日のお題 keiトレーナー】

2021/05/27

No21 足関節捻挫のリハビリ~スポーツ復帰に向けて~

今日は朝からずーーっと雨ですね(>_<)

梅雨なので仕方ないですが、雨粒の大きさが梅雨ではなく「夏の雨」のようです(^^;

 

前回のブログでは「足関節捻挫に対する鍼灸のアプローチ」を書きました。

今日はそのあと、捻挫に限らずケガをしたあとの復帰に必ず必要な「リハビリ」について書いていきます♪

 

リハビリは大きく2つに分けられます。

メディカルリハビリテーション

アスレティックリハビリテーション

です。

簡単に説明すると

メディカルリハビリテーションはケガをしてから日常生活に戻るためのリハビリテーション

アスレティックリハビリテーションはスポーツ復帰するためのリハビリテーション

です(^^)

 

ここは分かりやすく例を挙げたいと思います。

年齢:高校1年生(15歳)

患部:右足関節捻挫

競技:バスケットボール

現在の状況:メディカルリハビリテーションは終わっている

 

メディカルリハビリテーションは終わっているので、歩行は可能。階段などもOKだとします。

考えたたとしては「バスケットボールをするにはどの運動が出来たらいいのか?」です。

皆さんも1度考えてみてください♪

バスケットボールをするにはどんな運動(動き)ができたらいいのか?

 

 

 

 

 

 

答えは

走る(ジョギング・ダッシュを含む)

ジャンプ→着地動作

前後左右への切り返し

大きくはこの3つです。

逆に考えるとこの3つをクリアできたら復帰できます。

ではどうするのか?

 

歩行は可能なので、今度は足を一歩踏み出すリハビリをします。

メニュー名でいうなら

スクワットはOK(歩行は可能なので)

次にランジなどの踏み出す系のスクワット

もしくはジャンプスクワットなどのジャンプ動作を伴うもの。

 

同時並行でラダーなどのステップ系、サイドステップなど切り返しの入るものを進めていく。

 

こうやってリハビリ強度を上げていき、バスケの動きに近いものを取り入れていきます。

そして最終的には部分合流で簡単なシューズ練習やスリーメンなどのディフェンスがいない練習から合流します♪

 

そして3対3など実実戦形式の練習にはいり、完全合流となります(^^)

 

なんとなくイメージはわきますか?(^^;

 

アスレティックリハビリはスポーツの動きを細分化し、その強度の低い順におこなっていくのも

です(^^)v

これはあくまで一例で、本当はメディカルリハビリテーションとアスレティックリハビリテーションは平行しておこなうことが多いです(大ケガを除く)

 

こういった例を挙げてリハビリメニューを考えることは学生時代にイヤというほどやってきました(^^;

 

今回は分かりやすく年齢・患部・競技の3つだけの情報でやりましたが、トレーナー目指す学生がするとしたら

 

高校1年生

競技はバスケットボール

右足関節捻挫2度損傷(前距腓靱帯・踵腓靱帯損傷)

練習中にシュート打った着地の際に、相手選手の足を踏んで受傷。

受傷直後にRICE処置。病院にいき、「2度損傷の診断」

受傷後10日の現在は歩行可能、階段などの日常生活はOK。

ここから復帰までのアスレティックリハビリテーションのメニュー組め

 

みたいな感じです(^^;

最後は少し難しくなりましたが、どんなケガでもリハビリテーションは必要です(よっぽどの軽度は別ですが…)

 

スポーツ復帰に向けてリハビリが必要だが、その中身が分からない…

という方は一度ご相談ください♪

ご自宅で可能な範囲でしたら、無料健康相談でお聞きします(^^)

ではまた次回のブログでお会いしましょう(^o^)

ちなみにこの写真はリハビリ初期(メディカルリハビリテーション)でおこなう

チューブを使ったトレーニング

です(^^)

これで足の外側にある「腓骨筋」を鍛えます♪

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。